離婚時の慰謝料請求なら、司法書士・行政書士 山本まり子事務所(茨城県水戸市、つくば市など)まで

女性司法書士による離婚相談

司法書士・行政書士 山本まり子事務所

〒309-1737 茨城県笠間市中央4-2-4 201
TEL/FAX 0296-73-5989

営業時間

9:00~18:00
(土日応相談)

その他

離婚相談随時受付中

お気軽にお問合せください

0296-73-5989

メールでのお問合せはこちら

 

「離婚したいが相手が話し合いに応じてくれない…」 

『離婚調停』という方法があります。

 

調停は裁判と違って、本人同士の話し合いが基本になり、非公開で行われます。

相手と顔を合わせたくない場合は「別席調停」も可能です。

 

法律の専門家が間に入り、それぞれの話を聞いて解決の糸口を見つけていくのです。

法律の専門家と言っても、あくまで調停は裁判とは違って話し合いの場ですから、

難しい法律論でガチガチに縛られるわけではありません。

それぞれの意思を尊重しつつ、一般的、常識的に妥当な結論はどうなのかアドバイスをしてくれるのです。

 

そうは言っても「調停の場に出てきてくれるかどうか分からない…」とう心配もあることでしょう。

何度となく話し合いを持ちかけたのに一向に応じてくれないようであれば、

このような心配も当然だろうと思います。

 

でも、そこは思い切って一歩踏み出してみて下さい。

離婚調停を申し立てると、家庭裁判所から相手方に通知が届きます。

よっぽど訴えられることに慣れている人でもなければ、裁判所から書類が届けば驚き、

こうなってしまった以上何とかしなければと思うものです。

 


実際に、当人同士ではまったく話し合いにならなかったのに、

離婚調停の場には毎回きちんとやってくるというケースも多いのです。

 

ただでさえ、精神的に追い詰められている状況での離婚調停の申し立て。

心細さと不安に押しつぶされそうになるかもしれません。

私が親身になってお手伝いさせていただきます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0296-73-5989

受付時間:平日9:00~18:00(土日応相談

メールでのお問合せはこちら